仕事が遊び、遊びが仕事

  1. 自分探求
  2. 94 view

自分を探求する技術

自分探求が面白い。
とっても奥深い。とくにいやーな気持ちになったときとっても面白いことに気づく。
100%自分のことをわかっているわけではないので、事あるごとに自分の探求をします。

この怒りって何?なんで勝ちたいと思うの?無数にある。
ほとんどはそれがあたかもいいことのように無自覚でやっている。

「社長はこうあるべきだ」
「会社はこうあるべきだ」

食べることだってそうだ。最近私は1食生活だ。そこでわかったことがある。
食べたくないのに、昼だから食べよう、夜だから食べなければいけない。
本当はお腹がすいているわけではなく、ただ退屈な気持ちを食べるという刺激で紛らわせたいだけだったりだけだった。

退屈ってつらいんだよねー。

子供の勉強だってそうだ。勉強が好きな子は勉強すればいいし、勉強嫌いな子はやる必要なんてないと思っている。不登校だってそうだ。不登校はいけないことのように思うが、いやいやがまんして行く子もいれば、嫌なことは我慢してもやりたくないという子供もいる。
「不登校=いけないこと」
もただのレッテルで。
これから学校に行って勉強したい子は学校に行くし、学校行かない子はオンライで家で勉強するようなスタイルになっていくと思う。そうなってくると学校行かない子は不登校という表現ではなくなる。

これはあくまで私のことだから人はどうかわからない。だから、こうしましょう!とこれがいいというつもりはない。ただただ、思っていることを伝えたいだけだ。

勝手に思っていることだけれど、いいとか悪い、正しい、正しくないという判断する世界を変えたいと思っている。自分からも他人からも判断されない世界。そういう世界が訪れたらどんなに喜びに満ち溢れた1日が過ごせるか想像するだけでもムラムラする。

ちなみに、今日少し伝えた、自分を探求する技術をみにつけるセミナーを私がモデレーターになって開催します。よかったらのぞいてみてください。今最も私が伝えていきたいホットトピックスです。

https://visionet.jp/smr/evo/

追伸:前回は比較的丁寧な言葉で書こうと思ったので書いてみたら、自分の思いが湧き出ずらかったので、今日は

自分探求の最近記事

  1. ブレない自分

  2. 無料着付け教室

  3. ティール組織

  4. 社員のインフルエンザ

  5. 弱い自分

関連記事

5大プレゼント

セミナー情報

  • 西精工の現地研修

最新記事

  1. 人間だもの

    2019.02.11

アーカイブ
PAGE TOP